チャンピックスを持ってる男

医師が警鐘を鳴らす掘りごたつで禁煙

喫煙したくなる場面というのは、喫煙者毎に異なります。
そのため、禁煙外来の医師であっても、全ての人々に共通して効果的な禁煙方法というのは示せません。
ただし、比較的多くの方が、煙草の誘惑を感じるスタイルがあります。
それは、掘りごたつです。
掘りごたつというのは、こたつ同様に足を入れることで、温かさを感じる家電です、
掘りごたつが、通常のこたつとは異なるのは、床に座った状態で足を入れるのではなく、椅子に着座している状態で足を入れるということです。
医師も掘りごたつが持つ、特有の煙草の誘惑について言及しています。
それは、掘りごたつが設置されている環境というのは、お酒を楽しむ場面であるということです。
自宅で掘りごたつを導入している家庭というのは、少ないものです。
その理由は、通常のこたつよりも、設置に手間がかかってしまうためです。
医師が指摘するのは、お酒と煙草の関係が良好な点です。
お酒を嗜む習慣がある方は、煙草を嗜む可能性が極めて高いのです。
当然、趣味として喫煙しているので、禁煙を考える方が少ないという特徴もあります。
そこで、医師が推奨しているのが、掘りごたつを使用しない生活を送るということです。
しかし、飲み会など断り切れない場合もあります。
そういった場合は、掘りごたつを利用する際、非喫煙者の近くに座ることで、タバコの煙の誘惑から逃げられるでしょう。
もしくは、禁煙に成功した方の近くに着座するのも効果的です。
タバコから排出される煙には、多くの有害な物質が含まれています。
非喫煙者にとっては、好ましくない煙ですが、喫煙者にとっては魅力的なのです。
禁煙が続いていても、1本吸うとすぐに二本目に手が出てしまいます。