チャンピックスを持ってる男

禁煙により避けられる税金をはじめとするデメリット

以前よりも、大幅に税金が引き上げられた煙草を吸い続けるという事は、金銭的に大きな負担となり、デメリットです。
当然、デメリットになるのは、税金の引き上げによる金銭的な面のみならず、健康面においてもデメリットです。
そこで、多くの喫煙者が禁煙に踏み切る事になるのですが、禁煙に関しても一筋縄ではいきません。
一筋縄縄ではいかない理由は、禁煙による体重の変化があります。
禁煙により、体重が減るのであれば、問題無いものの、増加してしまうため、デメリットと言われているのです。
禁煙と同時に、運動を日課とし、ダイエットするという選択肢もありますが、ニコチン不足に加え運動によるストレスも受ける事になると、再度煙草を吸ってしまう恐れが高いです。
こうした点から、禁煙外来の医者も、煙草をやめる事と運動を同時にやる事は推奨していません。
そこで、好ましいのが、体重に対する考え方を変えるという事です。
喫煙者は、喫煙によって、連日有害物質を体内に摂り込むという生活を送っています。
そのため、元来の自分の容姿に比べると、やつれる事で体脂肪率が減ってしまいます。
こういった考えを根底に持っていると、体脂肪率が増加した事に対し、元来の自分に戻ったという事や健康的になったと考えられるようになるのです。
禁煙により得られるのは、税金を払わないことによる貯金だけではありません。
タバコを断ち切ることにより手にすることができる健康は、体脂肪率の増加とは比較にならないほど価値があります。
このような考えに基づいても、禁煙による体脂肪率の増加が気になってしまうなら、1日に1度欠かさず体重測定をすることをはじめ、ストレスに感じない程度のウォーキングなどを行いましょう。