アパート建築費に関していいたいこと。

古代中国などにおいては様々な伝説の法則などが登場

古代中国などにおいては様々な伝説の法則などが登場いたしますが、そのような記事に憧れる姿と言うものはとてもできないのかなと感じてしまいます。
そもそもその伝説の王様は本当に実在したんでしょうかと本気に考えた事はありますか。
例えばしょうもない疾走感そして焦燥感その2つが合わさってこそ、1つの答えを出し、それぞれが各々の役割を持ってつながることこそが自然の摂理であり、そしてまた一生懸命生きる我々人間の最たる姿ではないのかと、日々筆をとりながら実感しつつ、明日の生きがいを見つけ出そうと一生懸命取り組んでおります。
悲しみは悲しいほど美しく、また嬉しい思いと言うものは嬉しいこと一時のものに過ぎず、散るからにこそ美しい桜のごとく、やはりその春と言うものがあるからこそ物事は何も音もなく美しいのではないかなと捉えるのは間違いなのでしょうか。
アパート建築費ということで多少経済の話をいたしますと、少し筆者には難しい話であり、充分理解しないまま話すことになるので、少々読者の皆様には失礼な事は百も承知ですが、ここであえてこの分野のお話をさせていただきたいです。
こんなことを思った事は無いでしょうか。

入居者激減していくだろうし、たいへんな事態になりそう。
「レオパレスのアパート建築費は平均8千万~9千万円で、2000年以降に建った物件だけの推計でもオーナーが抱える借金総額は2兆円を超える。
そしてその過半は地銀からの融資」/レオパレス、混迷深まる https://t.co/Iu7SdsxqyE

— 佐々木俊尚 (@sasakitoshinao) March 7, 2019

アパート建築費に関して古代中国などにおいては様々な伝説の法則などが登場経済学はインチキ